PxPixel
Foursquareでは、お客様に最適な情報や広告を表示するため、および、広告主の皆様が広告キャンペーンの効果を測定するお手伝いをするためにクッキーを使用しています。当社のサイトをこのまま使用される場合、当社の プライバシーポリシーおよび クッキーポリシーに記載されている当社のクッキーの使用条件に同意いただいたことになります。
X
結果の再読込中...

スポチャン発祥の地のおすすめ(静岡市の近く)

フィルタ:
    • 6.3
      史跡
      中区日本大通3 (開港広場), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 5月 17, 2015開港広場に地球儀の形をした日米和親条約調印の石碑が建っています。説明文⇒『安政元年(1854年)2月から3月にかけて、日米代表が横浜村の海岸で会見、和親条約を結んだ。これは、神奈川条約ともいわれ、日本の開国を促し、本市の誕生の遠因ともなった。歴史的舞台となった応接所のあとは、現在の神奈川県庁の付近である。』

    • ?
      ランドマーク
      中区住吉町4-42-1 (関内ホール), 横浜市
      保存
      • yas

        yas • 11月 3, 2012明治5年(1872年)横浜にガス灯がともされました。柱部は英国グラスゴー市から輸入し、灯具は日本人職人により製造されたといわれてます。

    • ?
      史跡
      中区港町5 (馬車道), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 2月 21, 2016石碑裏の碑文⇒『馬車道の街路樹 街路樹は、近代に入ってから、人口過密な都市の景観的魅力 を向上させる為に発達したものであり、(中略)1867年(慶応3年)横浜・馬車道では、各々の 商店が競って柳と松を連植した。これが日本での近代的な街路樹の先駆となった。1872年(明治5年)になって 馬車道に日本最初のガス灯が点火されると、その街路樹はさらに美しく映え、夜の涼を楽しむ人々で賑わった。』

    • ?
      史跡
      勝山, 富士河口湖町
      保存
      • Nao

        Nao • 5月 11, 2015河口湖南西岸・県道710号沿い、道の駅かつやまの向い、河口湖畔入口右側にこの石碑が建っています。河口湖畔を少し車で走りましたが水田は見かけませんでした。

    • ?
      史跡
      中区桜木町1-1, 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 8月 2, 2015鉄道発祥の地の記念碑はここ横浜以外にも長崎にも碑が建っています。長崎は人を初めて乗せて走った鉄道(1865)に対し、ここ横浜は新橋間にて初めて乗客から運賃を取り営業運転を行った鉄道(1872)である。この記念碑が建つ場所が初代横浜駅の跡地である。

    • お探しのスポットが見つかりませんか?新しいスポットを Foursquare に追加してください。