PxPixel
Foursquareでは、お客様に最適な情報や広告を表示するため、および、広告主の皆様が広告キャンペーンの効果を測定するお手伝いをするためにクッキーを使用しています。当社のサイトをこのまま使用される場合、当社の プライバシーポリシーおよび クッキーポリシーに記載されている当社のクッキーの使用条件に同意いただいたことになります。
X
結果の再読込中...

緑 消防 発祥の地のおすすめ(横浜市の近く)

フィルタ:
    • 6.3
      史跡
      中区日本大通3 (開港広場), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 5月 17, 2015開港広場に地球儀の形をした日米和親条約調印の石碑が建っています。説明文⇒『安政元年(1854年)2月から3月にかけて、日米代表が横浜村の海岸で会見、和親条約を結んだ。これは、神奈川条約ともいわれ、日本の開国を促し、本市の誕生の遠因ともなった。歴史的舞台となった応接所のあとは、現在の神奈川県庁の付近である。』

    • ?
      ランドマーク
      中区住吉町4-42-1 (関内ホール), 横浜市
      保存
      • yas

        yas • 11月 3, 2012明治5年(1872年)横浜にガス灯がともされました。柱部は英国グラスゴー市から輸入し、灯具は日本人職人により製造されたといわれてます。

    • ?
      中区日本大通3, 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 7月 8, 2017横浜市地域史跡。横浜開港資料館の中庭に立つ大きな楠は、樹齢300年とも言われる巨木。1923年の関東大震災にて一度焼失するも、根の一部が生きていてそこから復活を遂げ現在の雄姿を見せています。ありあけ本舗ハーバーズムーンの店舗入り口にはこの玉楠をモチーフにしたモニュメントが飾られています。

    • ?
      史跡
      中区本町1-6 (横浜市開港記念会館), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 5月 4, 2015横浜市開港記念会館の前に、岡倉天心生誕之地の碑と並んでこの碑が建っています。この場所に「町会所」が建てられたのは1874(明治7)年。町会所の建物は1923年の関東大震災で焼失。現在建っている横浜市開港記念会館は1927(昭和2)年に再建。現在は国の重要文化財に指定されている.

    • ?
      史跡
      西区高島2, 横浜市
      保存
      • Massara Nati ….

        Massara Nati …. • 5月 9, 2013「日本で最初のガソリンスタンドができたところ」ということでは無く、横浜油槽所の一画で行われてた「輸入した灯油を溜めて販売する業務」が行われた場所ということのようです。 ...横浜駅東口、ヨコハマプラザホテル前にありますが、プラザホテルを経営する横浜米油株式会社にも詳しい資料は無いようです。

    • ?
      ランドマーク
      中区常盤町5-58-2 (勝烈庵 馬車道総本店 玄関前), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 5月 24, 2015日本で初めての街灯は1872年(明治5)年9月に大江橋から馬車道・本町通りにかけて日本最初のガス灯で、1890(明治23)年、横浜共同電灯株式会社が中区常盤町に火力発電所を建設。同年10月1日に横浜市内の約700の電灯と街灯が一斉に点灯された。これが神奈川県で初めて電力供給が行われたものである。それを記念して建てられたのが「ハマの街灯点火の地」碑である。(HP参照)

    • ?
      史跡
      中区桜木町1-1, 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 8月 2, 2015鉄道発祥の地の記念碑はここ横浜以外にも長崎にも碑が建っています。長崎は人を初めて乗せて走った鉄道(1865)に対し、ここ横浜は新橋間にて初めて乗客から運賃を取り営業運転を行った鉄道(1872)である。この記念碑が建つ場所が初代横浜駅の跡地である。

    • ?
      ランドマーク
      有楽町2-2 (ニュートーキョービル前), 東京
      保存
      • 初音航空隊

        初音航空隊 • 5月 13, 20121881年(明治14年)に明治大学の前身である明治法律学校が、肥前島原藩 松平氏の上屋敷跡地に開校したとの由。

    • ?
      史跡
      中区港町5 (馬車道), 横浜市
      保存
      • Nao

        Nao • 2月 21, 2016石碑裏の碑文⇒『馬車道の街路樹 街路樹は、近代に入ってから、人口過密な都市の景観的魅力 を向上させる為に発達したものであり、(中略)1867年(慶応3年)横浜・馬車道では、各々の 商店が競って柳と松を連植した。これが日本での近代的な街路樹の先駆となった。1872年(明治5年)になって 馬車道に日本最初のガス灯が点火されると、その街路樹はさらに美しく映え、夜の涼を楽しむ人々で賑わった。』

    • お探しのスポットが見つかりませんか?新しいスポットを Foursquare に追加してください。